最新バージョンアップ内容( ver7.6.1 )2018-11-28

バージョンアップ内容(ver7.6.1)

ASSORT(詰め合わせ)機能

複数商品を1グループとし、販売レシートの印字で、タイトル以外を印字しません。
タイトルは、商品マスタに登録した任意のタイトルにする事が可能。
1グループにする商品を、販売画面で呼出し[ASSORT]を入力した時点で、呼出し済みの商品を1グループとします。
[ASSORT]入力を行うと、タイトル選択の画面を表示し、任意のタイトルとする事が可能。 (ジャーナルデータへの変更はありません)

領収書横印字対応

領収書を横向きで印字し、設定で店舗控えを同時印刷、「書式表示による印紙税納付」を行っている場合は、魯湯収書に「印紙税申告納税」を印字できる様になりました

精算レシートの出力

BCPOS設定した時刻で、1日の業務を締めていましたが、新たに指定時刻+任意の時間で締めを処理を行いタイトルに「精算レシート」と明記した最終日報の出力が可能となりました

その他、追加/更新機能

自動釣銭機使用時の機能改善
・自動釣銭機使用時の釣銭出金手順変更:釣銭出金 > レシート出力へ変更
・自動釣銭機使用時の釣銭入金画面の変更:レジ画面起動 > 担当者登録 > 現在のつり銭状態表示 > 釣銭投入画面表示可
・セミセルフ使用時はつり銭投入口方向(セカンドディスプレイ側)に、釣銭投入画面を表示
・セミセルフ使用時のセカンドディスプレイに、クレジットカード決済と銀聯決済を追加
・グローリー製自動釣銭機利用時「預かり金計数中のエラー解除ガイダンス」を表示する

・「後会計」セカンドプリンタ使用時の保留販売機能
・小計画面を動かせないように変更
・OBC:奉行i10シリーズ/商奉行、蔵奉行の商品マスタが取り込めるようになりました

対応OS Windows 10 / Windows 8.1_8_7(左記各Embedded版)
マニュアル
詳細(PDF)
■ BCPOSver7.6.1マニュアル
■ Verifone決済端末(更新-第6版)
注意 古いBCPOSからのバージョンアップの場合には、周辺機器各メーカーが最新のOSに対応していない場合がございますので、お問合せください。
バージョンアップ
可能なVer
Ver2.5~Ver7.6

バージョンアップ内容( ver7.6 )2018-06-04

バージョンアップ内容(Ver7.6)

セミセルフレジ対応

セミセルフレジとは、BCPOSのセカンドモニターをタッチパネルタイプとして、自動釣銭機と組み合わせる事で、商品読みとりは店員さんが行うが、決済についてはお客様が行う簡易タイプのセルフレジシステムの事です。 これにより、店員が現金を触る事がなく食品関連のお店では衛生的なレジシステムを、また外国人店員による現金の数え間違えを防ぎ、人員不足にも貢献できます。

Alipay決済対応

提供済みのWeChatPayに続き、Alipay決済も可能となります。 WeChatpay/Alipayの両決済を導入する事で、訪日中国人向けスマートフォン決済に、ほぼ100%対応可能となります。
システムのご利用にはAlipay決済サービスの申込みが必要となります。

マルチ決済ソリューションのスタート

Verifone決済端末対応

クレジット端末で、ワールドワイド決済端末のVerifone端末の接続が可能となりました。 接続開始時は、クレジットカードの利用だけとなりますが、~2018/08末「電子マネー」、~2018/初冬「クレジットの非接触タイプ」の連動を予定しており、1台の端末だけで全てに対応可能なマルチ決済端末となります。
※Verfone端末での各種決済サービスのご利用には、別途クレジットカード会社との契約が必要となり審査期間に1.5~2ヵ月を頂いております。

合算免税機能(2018/07/01より、機能解放)

2018/07/01からの「消費税免税制度の拡充」が始まり、現在~2018/06/30までは 「一般品」「消耗品」と個別に、5,000円以上で、免税対象とあんりましたが、 2018/07/01からは 「一般品」「消耗品」合算5,000円以上で、消耗品として免税対象となります。
制度拡充に対応した機能となり、BCPOS ver7.6を利用していると2018/07/01から自動で合算免税機能が利用できる様になります。

その他、追加/更新機能

■Alipay、WeChatPay決済エラー時は画面を大きく表示
■ データ取り込み中、WebMstInをクリックすることで取込中の進捗を表示するように対応
■Litefree版の商品数条件を変更
現状Litefreeだと商品メニューに登録がある商品しか呼び出しできないようにしているが、JANがあってもメニューに登録しないと呼び出せないのは不便なため、別な条件にて450の制限としました。※商品が登録されていることが前提。商品リストでクリック(タッチ)することで登録されます。
■その他レジ画面の機能追加、仕様変更、バグ修正
・2階層目のメニューを閉じない設定追加
・商品メニューのその他に「PageUp」、「PageDown」と登録することでキーボードと同じ数量アップ、ダウンが可能(登録文字は大文字小文字関係ありません)
・商品登録の枝番指定設定(GEntryNewEda)をレジ画面の簡易商品登録にも適用
・商品券の金変は必ずマイナス金額になるように変更
・金変時、タッチパネルの-(マイナス)押下を可能に対応
・デンソーのFC1-QOPUでパスポート情報を読めるように対応(※別途設定が必要です)
・セカンドディスプレイ使用時でクレジット利用時にセカンドディスプレイにクレジット会社名を表示するように変更(設定なくクレジット会社名で表示されますので注意してください)

【レジ画面以外の更新内容】
■親機のiniをTenpoVisorにアップ(現時点ではアップのみです)

対応OS Windows 10 / Windows 8.1_8_7(左記各Embedded版)
マニュアル
詳細(PDF)
■ BCPOSver7.6マニュアル
■ Alipay決済
■ Verifone決済端末
注意 古いBCPOSからのバージョンアップの場合には、周辺機器各メーカーが最新のOSに対応していない場合がございますので、お問合せください。
バージョンアップ
可能なVer
Ver2.5~Ver7.5

バージョンアップ内容( ver7.5 )2017-11-28

バージョンアップ内容(Ver7.5)

□Bitcoin決済ソリューション□ □セカンドモニター対応□

対応OS Windows 10 / Windows 8.1_8_7(左記各Embedded版)
主な
VerUP内容

■Bitcoin決済ソリューション

※Bitcoin決済ソリューションを利用する場合、消費者側へ決済QRコードを表示するセカンドモニターが必要です

小計画面に「Bitcoin」決済ボタンが追加されました

「Bitcoin」ボタンを押すと、インターネット回線を利用し、サーバと通信します

消費者側のセカンドモニターへBitcoin決済用QRコードが表示されます
消費者はスマホのbitcoin口座アプリでQRコードを読取り決済を完了します
支払いが正常に終了すると、BCPOSの小計画面が自動で閉じます

注1)本サービスを利用するには、店舗及び消費者共に「株式会社株式会社bitFlyer」の口座開設が必要となります 注2)本サービスでの返品処理は現金での対応となります

Bitcoin決済ソリューションのマニュアルはこちら

セカンドモニター接続マニュアルはこちら

■セカンドモニター対応

パソコン用のモニターを客面表示機(カスタマディスプレイ)として利用できるようになりました

・画像を表示してデジタルサイネージとしての活用
・商品読取り時の複数明細表示(VFD及び漢字カスタマディスプレイでは1点だけ)
・色変更等が安易(漢字カスタマディスプレイでは煩雑であった)・・・等

・選べる待ち受け「画像表示」「文字表示」

セカンドモニター時の客面表示-1待受け時(画像設定)

セカンドモニター時の客面表示-2商品読取り時

セカンドモニター時の客面表示-3現計時

セカンドモニター時の客面表示-4待受けに戻る(画像設定)

セカンドモニターを客面表示機として利用する設定マニュアル

■現計処理時の外国語表示

セカンドモニター利用時に、小計画面で各言語のボタンを押す事で、 「合計」「商品券」「クレジット」「お預り」「お釣り」の文字を、外国語表示します

注意 古いBCPOSからのバージョンアップの場合には、周辺機器各メーカーが最新のOSに対応していない場合がございますので、お問合せください。
バージョンアップ
可能なVer
Ver2.5~Ver7.4

バージョンアップ内容( ver7.4 )2017-07-20

バージョンアップ内容(Ver7.4)

□ タッチ版

対応OS Windows 10 / Windows 8.1_8_7(左記各Embedded版)
主な
VerUP内容

■メニューボタンの表示機能アップ

メニューボタンに画像が利用できるようになりました。

二段階メニュー表示が可能となりました。

■メニューボタン登録機能強化

商品一覧を表示、そこからボタンへの配置が可能になりました。

テキストカラー、サイズが変更できるようになりました。

■ポイント率自動変更機能

期間、または曜日を指定して、ポイント率が自動変更できるようになりました。販売画面起動時にポイント率の確認画面が開きます。また販売画面上部にポイント率が表示されます。

注意 古いBCPOSからのバージョンアップの場合には、周辺機器各メーカーが最新のOSに対応していない場合がございますので、お問合せください。
対応可能な
現在のVer
Ver2.5~Ver7

バージョンアップ内容( ver7.3 )2017-03-01

バージョンアップ内容(Ver7.3)
対応OS Windows 10 / Windows 8.1_8_7(左記各Embedded版)
主な
VerUP内容

■WeChat Pay決済対応

中国人が最も利用するモバイル決済システム「WeChat Pay」と連動、決済一覧から選択できるようになりました。
詳細はこちら

■グローリー製自動釣銭機対応

基本設定>機種>釣銭機使用、「する」にチェックを入れ、機種名から「RT-300」を選択します。右側に「設定ツール」というボタンが表示されるので、グローリー釣銭機のドライバ設定をおこないます。

注意 古いBCPOSからのバージョンアップの場合には、周辺機器各メーカーが最新のOSに対応していない場合がございますので、お問合せください。
対応可能な
現在のVer
Ver2.5~Ver7

バージョンアップ内容( ver7.1 )2016-12-01

バージョンアップ内容(Ver7.1)

□ ライン版

□ タッチ版

※ヘルプメニューのアイコンが変更されました。また、画面背景色を選べるようになりました。
(テンキーのカラーは20通りから選べます。)

対応OS Windows 10 / Windows 8.1_8_7(左記各Embedded版)
主な
VerUP内容

■セルフメディケーション税制対応

消費税設定>印字設定、から、利用設定がおこなえます。「する」に設定した場合、レシートの対象商品前に「★」マークが挿入・印字されます。レシートフッターには、「★印はセルフメディケーション税制商品」(文言変更可)と挿入・印字されます。

■伝票返品(伝票呼出)対応

F2「伝送」ボタンを追加、ボタンをタップすることで検索画面が表示されるようになりました。伝票ナンバーを入れずに検索をおこなった場合は、1日分のリストが表示されます。一覧から選択された伝票は、返品としてレジ画面に表示されます。

■簡易商品登録の機能強化

空のメニューボタンをダブルタップすることで商品メニュー登録ができるようになりました。部門選択・商品名・価格・ボタン名称・ボタンカラーなどが簡単に登録できます。また、変更・修正の場合は、SF3「メニュー修正」ボタンから呼び出せます。

■インストーラの簡素化

より簡単にインストールがおこなえるよう、確認を必要とする項目を減らしました。

注意 古いBCPOSからのバージョンアップの場合には、周辺機器各メーカーが最新のOSに対応していない場合がございますので、お問合せください。
対応可能な
現在のVer
Ver2.5~Ver7

バージョンアップ内容( ver7.0 )2016-07-01

バージョンアップ内容(Ver7)

□ ライン版(画面変更はありません)

□ タッチ版(画面変更はありません)

対応OS Windows 10 / Windows 8.1_8_7(左記各Embedded版)
主な
VerUP内容

■軽減税率対応の処理追加

小計画面で、明細を呼び出し、税の切り替え(消費税・軽減税率消費税)をタッチで可能としました。

■データベース変更

BCPOSのデータベースを「Postgres」へ変更しました、これにより商品マスタの上限を解除いたします。また、処理能力の向上により、複数台利用時にも快適に利用ができるようになりました。
※マスタの件数により推奨される筐体のスペックが異なります。
(目安として10~20万件の場合CPU:Intel Celeron2.5GHz(2コア)以上、メモリ2GB以上)

■インストーラの簡素化

新規インストール及びバージョンアップの場合においても手順を大幅に減少いたしました。

注意 古いBCPOSからのバージョンアップの場合には、周辺機器各メーカーが最新のOSに対応していない場合がございますので、お問合せください。
対応可能な
現在のVer
Ver2.5~Ver6

バージョンアップ内容( ver6.0 )2015-09-01

バージョンアップ内容(Ver6)

□ ライン版

□ タッチ版

対応OS Windows 10 / Windows 8.1_8_7 (左記各Embedded版)
主な
VerUP内容

■Windows10対応

2015年7月29日に発売された、Windows10に正式に対応いたしました。

■選べるレジ画面、2パターン

旧レジ画面(ver2系)の「単品明細フィールド(読込んだ商品を表示する場所)」には、商品コード・税種別・商品メモを表示していました。
根強人気のある旧画面に、タッチモニターでの操作性を損なう事無く、商品メニューボタンを追加したNewレジ画面を追加しました。(上記、上段画面)

Newレジ画面、または、現行のタッチ版の画面(上記、下段画面)を選択できるようになり、色合いを変更しました。

Newレジ画面のLine版では、数量変更時にテンキー表示をするしないを設定で選択が可能です。
(テンキー表示サンプル 下図参照


他、開始メニュー(下図)は、操作性を向上する為、ユーザーが良く利用するボタンを大きく表示し、ボタンにカラーをつけました。

■セカンドプリンタ対応(キッチンプリンタ対応)機能、強化

前会計のお店で、注文を受けてから調理を行う飲食業向け機能のセカンド・プリンタ対応(プリン増設機能)で、キッチンプリンタから出力される伝票に、顧客・顧客コード・または両方を印字できるようになりました。

■仕入分ラベル印字機能強化

仕入を行った商品のラベルを発行する機能に、伝票No範囲、時間範囲を追加しました。
※現行は日付の範囲絞り込みだけ

■販売レシートにQRコードを印字

販売レシートに、QRコード(URL埋め込み型)を印字できるようになりました。
これにより販売レシートからWEBページへの誘導が可能となりました。

■免税販売時の旅券番号入力スキップ機能

免税販売時、旅券番号の入力は必須となっていますが、入力をスキップできる機能。
こちらの設定は別途お問合せください。

注意 古いBCPOSからのバージョンアップの場合には、周辺機器各メーカーが最新のOSに対応していない場合がございますので、お問合せください。
対応可能な
現在のVer
Ver2.5~Ver5.3.3
Windows7/8/10(64bit)使用上の注意点
※注意事項※ Windows7(64bit)及びWindows8(64bit)でBCPOSを使用する場合、BCPOS起動セキュリティ「ロックスター(USBメモリ)」は、製造メーカーがWindowsOSの64bit版に対応していない為、2006年3月以前に導入されたお客様は、新規に「BCPOSロックスター」をご購入して頂く必要がございます。

※このタイプのBCPOSロックスターは使用できません。※

交換費用:5,000円/1台

ロックスター
※継続して使用できるロックスター番号
・BCW 007500~ ※2006年3月28日以降の導入
・BCY 009200~ ※2008年7月7日以降の導入

バージョンアップ内容(ver5.3.3)2015-02

バージョンアップ内容(Ver5.3.3)
対応OS Windows8(64bit)/win7
主な
VerUP内容

■セカンドプリンタ対応(フードコート・ファストフード店向け「キッチンプリンタ対応」)

前会計のお店で、注文を受けてから調理を行う飲食業・・等に向いています。
BCPOSで会計を行うと、BCPOSと離れた、バックヤード等に増設したプリンタへ会計情報を調理指示伝票として出力します  マニュアル ▶

■あっと免税連携強化

「BCPOS」と「あっと免税」を、同一パソコンで使用時、BCPOSで読取ったパスポート情報と商品購入情報を、あっと免税にダイレクトで渡します。
※「あっと免税」が起動していない場合は「あっと免税」を起動します
こちらの機能は「あっと免税」のバージョンアップ後(2/末予定)に利用可能となり、「あっと免税」バージョンアップ以前は、現在と同じ運用となります

■当りレシート発行機能

設定した確率(確立は、毎日リセットされます)により、当りレシートを印字します。
※レシートで印字するのは、画像ファイル(レシート用ロゴと同じ仕様)となり、お店独自の当りレシートの作成が可能です。
※設定は別途弊社までお問合せください
(用意する画像:bmpファイル<モノクロ2階調>、80mm横172mm / 58mm横123mm)

■「商品券のバーコード化」及び「メニューボタン対応」

今までは、販売画面「F7 チケット」>「商品券選択」だけでしたが、「SYOKEN+(商品券登録コード3桁 例-SYOKEN001)」で、呼出す事が可能となりましたので、タッチメニューボタン化も可能です。

■値引理由機能

販売画面で、商品の値引を行うと、登録してある「値引理由」の選択画面を表示する事が可能となりました。※TenpoVisor利用時は、集計も可能です。  マニュアル ▼

■コード重複時、選択画面のタッチメニューボタン対応

コード重複時(同一コードで複数の商品登録がある場合)に、商品選択画面をメニューボタンにしましたので、商品選択がタッチパネル利用時に安易になりました。  画面サンプル ▼

■非総額時に販売画面に税込計と外税計を表示するように対応  サンプル ▼

■小計画面から、商品券を追加できるように対応

※小計画面で、商品券を追加する上で販売画面へ戻ります  サンプル ▼

■オーダリングシステム連携時、商品券利用機能追加

オーダリング連携時に、ゲスト伝票を呼出した画面で、商品券(クーポン券)等を利用できるように機能追加しました。

■コード重複画面のタッチパネル化

今までは、コードが重複している商品を呼出すと、一覧表形式で表示していましたが、ボタンメニュー化する事で選択が楽になりました。  サンプル ▼

注意 古いBCPOSからのバージョンアップの場合には、周辺機器各メーカーが最新のOSに対応していない場合がございますので、お問合せください。
対応可能な
現在のVer
~Ver2.5、~Ver5.3
Windows7(64bit)及びWindows8(64bit)使用上の注意点
※注意事項※ Windows7(64bit)及びWindows8(64bit)でBCPOSを使用する場合、BCPOS起動セキュリティ「ロックスター(USBメモリ)」は、製造メーカーがWindowsOSの64bit版に対応していない為、2006年3月以前に導入されたお客様は、新規に「BCPOSロックスター」をご購入して頂く必要がございます。

※このタイプのBCPOSロックスターは使用できません。※

交換費用:5,000円/1台

ロックスター
※継続して使用できるロックスター番号
・BCW 007500~ ※2006年3月28日以降の導入
・BCY 009200~ ※2008年7月7日以降の導入

「値引理由」設定

「値引理由」設定を使用すると、販売画面で商品の値引を行うと、値引理由の選択画面が表示されます。
選択した理由はBCPOSの「ジャーナル点検」に登録され、Tenpovisorで値引理由の集計が可能です

販売画面で、商品の「金額」欄をタッチすると「値引理由」の入力画面が表示されて、値引理由選択後に金額変更が可能となります。

「開始メニュー」>「追加基本設定」>「その他追加設定」>値引理由使用

「開始メニュー」>「F3各種マスタ」>値引理由
※「値引理由使用」をするにしないと、各種マスタで「値引理由」タブが表示されません

各種マスタ「値引理由」を登録してください。
※最大登録数~9,999

非総額時に販売画面に税込計と外税計を表示

非総額(外税)販売時に、下図の様に販売画面に税込計と外税計を表示するように対応

小計画面から、商品券を追加できるように対応

小計画面の「商品券」をタッチします

販売画面に戻り「商品券」選択画面が表示されますので選択します。

商品券が登録されますので、再度「小計」を押して会計してください。

JAN重複コード「商品選択画面」

コード重複登録時(商品コードを除く、JAN/インストア/バーコード)に、商品を呼出す画面のメニューボタン化が可能となりました。これにより、タッチパネルで利用時にJAN重複商品の選択が安易になりました

※「値引理由」の設定方法は、弊社までお問合せください。

メニューボタン化した「選択画面」
※選択画面のカラー/フォントカラー/フォントサイズ、の変更可能(パターンは一つ)

従来の「選択画面」

バージョンアップ内容(ver5.3)2014-10

バージョンアップ内容(Ver5.3)
対応OS Windows8(64bit)/win7
主な
VerUP内容

■ 消耗品の免税販売対応「免税販売マニュアル」
※2014年10月1日改正の輸出物品販売所制度に対応したプログラとなります
・免税対象品範囲の拡大(消耗品の追加・消耗品は5千円超から対象)による、一般免税品と消耗品の混合販売時に免税額に達しているか自動判断機能
・購入記録票の記載事項の簡素化する「免税アプリ(Android)」との連動
・パスポート情報を読取れる「パスポートリーダ対応」

■ アクティベーション機能追加
BCPOSの使用期限やオプション・・等の管理を行っていた、USBメモリ型「ロックスター」から、ネット環境があるお客様へは、インターネットを使った管理方法に変更させて頂きました。
これにより「ロックスター」紛失や破損時の有償交換もなくなります。
※インターネット環境がないお客様へは、今まで通りのロックスターの貸与が可能です。

注意 古いBCPOSからのバージョンアップの場合には、周辺機器各メーカーが最新のOSに対応していない場合がございますので、お問合せください。
対応可能な
現在のVer
~Ver2.5、~Ver5.2
Windows7(64bit)及びWindows8(64bit)使用上の注意点
※注意事項※ Windows7(64bit)及びWindows8(64bit)でBCPOSを使用する場合、BCPOS起動セキュリティ「ロックスター(USBメモリ)」は、製造メーカーがWindowsOSの64bit版に対応していない為、2006年3月以前に導入されたお客様は、新規に「BCPOSロックスター」をご購入して頂く必要がございます。

※このタイプのBCPOSロックスターは使用できません。※

交換費用:5,000円/1台

ロックスター
※継続して使用できるロックスター番号
・BCW 007500~ ※2006年3月28日以降の導入
・BCY 009200~ ※2008年7月7日以降の導入
バージョンアップの内容は、ページ内上段を参照してください。

バージョンアップ内容(ver5.2)2014-06

バージョンアップ内容(Ver5.2)
対応OS Windows8(64bit)/win7
主な
VerUP内容

■ 免税店対応(現行法の輸出物品販売所制度) ▼
「ジャーナルへの旅券(パスポート)番号登録」「レシートに免税額表示」
※2014年10月1日改正の輸出物品販売所制度対応の時期開発プログラムの無償提供
・免税対象品範囲の拡大(消耗品の追加・消耗品は5千円超から対象)
・購入記録票の記載事項の簡素化(記録次項用添付レシート発行)

■ クラウドへのリアルタイム在庫表示 ▼
「クラウド型店舗本部管理システムTenpovisorの在庫数をリアルタイム更新」
「レジ画面から他店在庫の呼出し」

■ 棚卸フローの簡略化(手順数減) ▼
「ハンディターミナルの読取りデータの取込みから反映を簡素化」

■ 棚卸一覧へ棚番表示追加 ▼
棚卸一覧(実在庫と理論在庫の差異票)に、新たにハンディターミナルで在庫を読取る際に棚番入力していると、棚番毎に表示が可能な仕様となりました。
これにより、棚毎の確認が安易になります。

注意 古いBCPOSからのバージョンアップの場合には、周辺機器各メーカーが最新のOSに対応していない場合がございますので、お問合せください。
対応可能な
現在のVer
~Ver2.5、~Ver5.1

「免税対応」プログラム

(注意)
2014年10月1日改正の輸出物品販売所制度への対応は「BCPOS Ver5.3」で対応済みです。
下記内容はVer5.2の内容となっており、Ver5.2を利用している場合、無償バージョンアップの対象となりますので、別途お問合せください。
新制度の内容については、こちらの「免税販売マニュアル」をご参照ください。

免税対応プログラムとは、「市内免税店」における「現場免税制度」を適用する上で、非居住者が1日に免税対象物品(現在は消耗品は不可)を、レジ金額が1万円超(税抜)で、旅券番号(パスポートNo)入力を行う事で、消費税分を免税額として合計金額より減額し、電子ジャーナルに旅券番号(パスポートNo)を登録するプログラムです

1-免税設定
「開始メニュー」 > 「基本設定」 > 「消費税設定」 > 「免税機能」使用設定

2-レジ画面は通常の販売を行いまが、レジ画面の「合計金額」が1万円超(税抜き)とならないと、免税プログラムは機能しません。

3-「合計金額」が1万円超(税抜き)の場合、画面下部のファンクションキーエリアに「SF4 免税」ボタンが表示されますので、クリックすると下図右のように「旅券番号入力」画面が表示されます。

4-「旅券番号入力」画面で旅券番号を入力し「F10 実行」をクリックすると、小計画面に「免税額」が表示されます。

5-「レシート」「ジャーナル」「日報」に下記項目を追加します。
レシート「免税対象額」及び「免税額表示」 / ジャーナル「旅券番号」の記録 / 日報 「免税額」「免税売上」各、一日の総額

2014年10月1日改正の輸出物品販売所制度対応の時期開発プログラムの無償提供
・免税対象品範囲の拡大(消耗品の追加・消耗品は5千円超から対象)
・購入記録票の記載事項の簡素化(記録次項用添付レシート発行)

注意)本プログラムを使用する場合「輸出物品販売場(免税店)」の許可を受けてからご利用ください。
輸出物品販売場の許可は、事業者の納税地を所轄する税務署長に、事業者が経営する販売場ごとに許可を受けなければなりません。(詳細は所轄の税務署にお尋ねください)

在庫リアル(Tenpovisor在庫のリアルタイム更新)

クラウド型店舗本部管理システム「Tenpovisor」を利用している際の在庫更新は、通常1時間に一回の更新頻度ですが、オプションの「在庫リアル」(\1,000/<1店舗>月額)をお申込みいただく事で、「Tenpovisor」の在庫もBCPOS同様にリアルタイムで更新します。
また、「Tenpovisor」を利用することなく、「他店のリアルタイム在庫」を簡単に確認できるようになります

※本オプションをご利用頂くには「Tenpovisor」の契約が必要です。
※「在庫リアル」オプションをご利用頂く上で、現在利用環境の制約がございますので別途お問合せください。

1-通常の販売や仕入等在庫の変動をリアルタイムに「Tenpovisor」の在庫数を更新します。
2-レジ画面から商品を呼出し「他店在庫」を確認したい商品の在庫数をクリックすると「全店在庫」が表示されます。

手間のかかった「他店在庫確認」がワンクリックで行えるようになりました。
「在庫リアル」オプションを使わない「Tenpovisorでの他店在庫確認」を見る場合は、下のボタンをクリック

Tenpovisorを使った他店在庫確認-例

1-Tenpovisorへログイン
2-上部メニュー「在庫管理」>「在庫一覧」
3-商品検索
4-検索結果から「商品コード」をクリック

※現在この機能は、レジ画面を使った在庫処理(販売・仕入・移動処理・・等)しか対応しておりません(順次対応中)
※1店舗BCPOS1台構成しか対応しておりません(順次対応中)

棚卸フローの簡略化(手順数減)

NEWハンディメニューは、棚卸用データを読取ったハンディターミナルの、実棚データ取込を含め、棚卸し中に販売や移動等で増減があった在庫数を棚卸データから自動調整し、実在庫の反映からTenpovisorへのデータ送信までを更に使いやすく簡単にしました。

※上記機能は「BCPOS在庫オプション」の一部機能となります。

1-1 「棚卸開始」をクリック後、ハンディターミナルで在庫を読込み取り「0:送信」でデータをBCPOSへ送信します。

※「棚卸開始」をクリックする事で、棚卸中に在庫数が増減(販売・仕入等)しても自動で在庫データの増減を行います。
 これにより営業時間中の棚卸が可能となります。

1-2 「HT→実棚取込」をクリックしてハンディターミナルのデータがBCPOSへ取込まれます。

2-1 「差分調整」

2-2 確認画面が表示されますので「F10 実行」します。
棚卸開始ボタンから在庫数に変動があった商品は、ハンディターミナルの実在庫データから自動で調整されます。

3-1 「棚卸一覧」は、実在庫を反映させる前に差異を表示できます。
表示項目を設定して実行します。

3-2 下図の棚卸一覧は、ハンディターミナルで棚番入力し読取った際の表示となります。
棚番表示しない設定では、ブルーバックの表示が無くなり従来通りとなります。

4-1 「棚卸締処理」ハンディターミナルで読取り、差分調整等を行った実在庫のデータを、BCPOSへ反映させて理論在庫と実在庫の差異をなくします。

4-2 Tenpovisorの利用が無い場合は「OK」で終了(下図-左参照)
Tenpovisorの利用が有る場合はBCPOSのデータを更新後「Tenpovisor」の在庫データを更新して、棚卸しが完了となります。(下図-右参照)

BCPOS ver5.2用 HD-POS(BHT)棚卸・仕入・移動業務用ユーザーマニュアル ▶ PDFマニュアル

バージョンアップ内容(ver5.1)(Ver2.9-3.0)2014-03

バージョンアップ内容(Ver5.1)
今後の
verUP
有り
対応OS Windows8(64bit)/win7
メリット 最新のバージョンの提供が受けられ、最新のOS/最新の周辺機器に対応
※古い周辺機器は確認が必用です。
主な
VerUP内容
税改正マスタ金額設定プログラム
(※現税率価格と新税率価格を入替え)
商品リストからマスタ呼出し機能
ラベル印字機能追加
ラベル印字種類変更
フェリカ会員証機能開放
【 ver5.1独自】
レジ画面デザイン変更
(※アクティブなタブカラー追加)
レジ画面カラー選択
J-Mups(クレジット・電子マネー連動)
収入印紙の印字設定追加
注意 古いBCPOSからのバージョンアップの場合には、周辺機器各メーカーが最新のOSに対応していない場合がございますので、お問合せください。
対応可能な
現在のVer
~Ver2.5、~Ver4.2
ver5.0の場合、無償バージョンアップ
バージョンアップ内容(Ver2.9-3.0)
今後の
VerUP
なし(開発終了)
対応OS ~win7(32bit)
メリット 現在のレジ画面と同じなので、 使いやすく税改正に対応できる
※最新の周辺機器には未対応です。
主な
VerUP内容
税改正マスタ金額設定プログラム
(※現税率価格と新税率価格を入替え)
商品リストからマスタ呼出し追加
ラベル印字機能追加
ラベル印字種類追加
フェリカ会員証機能開放






注意 新しいパソコン(OS)へ入替えの場合、周辺機器各メーカーが最新のOSに対応していない場合がございますので、お問合せください。
対応可能な
現在のVer
~Ver2.5、~Ver3.0

「税改正マスタ金額設定」プログラムについて (ver5 & ver2.9)

税抜き価格を登録していない場合でも、現在価格から税抜き価格を算出し、新税率に合わせて商品価格を算出するプログラムで、各種まるめ機能付きです。
自動税改正プログラム
【 プログラムの特長 】
設定した改正日に、改正後価格への変更と、新消費税率を自動で適用します。
 税抜き対応
・現在、総額表示運用で「税抜価格」がメンテナンスされていなくても、現在の販売価格から 「税抜価格」を安易に作成ができる。
・「税抜き価格」の場合には、小計時に「現在の消費税率」×「小計金額」+「まるめ処理」が行える。
 総額表示対応
・事前に消費税改正後の販売価格を現在の商品マスタに持つ事ができ、税制改正日に一括変更ができる。
・税改正後の販売価格を条件検索で絞込み、1円・10円・100円単位の丸め作業を一括で行える。
・税制改正後のプライスカード・ラベルの印字を、税制改正日前に出力できる。
・同様の「本部消費税改正対応プログラム」(本部ツールは無償提供)で、全店一括変更が可能。

ラベル印字機能追加 (ver5 & ver2.9-3.0)

ラベル印字項目の追加及び、税表示の印字種類を増やしました。
POS機能(ラベル印字)

ラベル印字機能強化 (ver5 & ver2.9-3.0)

仕入数分の一括ラベル印字
仕入数分のラベルを日付指定で、商品リストから一括出力が可能となりました。また、レジ画面から仕入毎にラベルを印字する場合、ラベル印字中でも販売画面へ戻り、レジ業務が可能となりました。
POS業務仕入数分のラベル印字
商品リストからの一括ラベル印字機能
商品一覧で、商品を絞り込んで、商品リストから、在庫数分または商品マスタに登録された、ラベル印字枚数分を一括で出力できます。
商品リストからラベル一括出力

電子マネーも対応可能なマルチカード決済J-Mups連動 (ver5)

電子マネーの加盟店契約が個店でも可能です。
今までは、大手チェーン店以外では、取り扱いが難しかった電子マネーを、個店のお店様もクレジットと同等の加盟店審査で加入が可能となりました。
マルチカード決済端末J-MupsxBCPOSの連動で、簡単決済が可能です。
POS連動クレジットブランド&電子マネーブランド

バージョンアップ内容(ver5.0)2013-10

バージョンアップ内容(Ver5.0)
今後の
verUP
有り
対応OS Windows8(64bit)/win7
主な
VerUP内容
税改正マスタ金額設定プログラム(改正後価格を上書き修正)
ラベル印字機能追加
ラベル印字種類変更
フェリカ会員証機能開放
【 ver5.0独自 】
レジ画面デザイン変更
レジ画面カラー選択
J-Mups(クレジット・電子マネー連動)
注意 古いBCPOSからのバージョンアップの場合には、周辺機器各メーカーが最新のOSに対応していない場合がございますので、お問合せください。
対応可能な
現在のVer
~Ver2.5、~Ver4.2

バージョンアップ内容(ver4.0)2013-01

バージョンアップ内容(ver4.0)
システム全体 Windows 8対応
・Windows 64bit版対応
(Windows8 64bit, Windows7 64bit/32bit, Vista32bit,XP32bit)
※BCPOSカスタマイズをされているお客様は、サポート部までお問い合わせ下さい。
※注意事項※ Windows7(64bit)及びWindows8(64bit)でBCPOSを使用する場合、BCPOS起動セキュリティ「ロックスター(USBメモリ)」は、製造メーカーがWindowsOSの64bit版に対応していない為、2006年3月以前に導入されたお客様は、新規に「BCPOSロックスター」をご購入して頂く必要がございます。

※このタイプのBCPOSロックスターは使用できません。※

交換費用:5,000円/1台

ロックスター
※継続して使用できるロックスター番号
・BCW 007500~ ※2006年3月28日以降の導入
・BCY 009200~ ※2008年7月7日以降の導入

バージョンアップ内容(ver2.9-3.0 RevisionUp)2013-10

バージョンアップ内容(ver2.9-3.0 RevisionUp)
今後の
VerUP
なし(開発終了)
対応OS ~win7(32bit)
メリット 現在のレジ画面と同じなので、 使いやすく税改正に対応できる
※最新の周辺機器には未対応です。
主な
VerUP内容
税改正マスタ金額設定プログラム
商品リストからマスタ呼出し追加
ラベル印字機能追加
ラベル印字種類追加
フェリカ会員証機能開放
注意 新しいパソコン(OS)へ入替えの場合、周辺機器各メーカーが最新OSへのドライバー対応を行っていない機器がございますので、別途お問合せください。
対応可能な
現在のVer
~Ver2.5、~Ver3.0

バージョンアップ内容(ver3.0 タッチパネル対応)2009-03

バージョンアップ内容(ver3.0タッチパネル対応)
BCPOS本体 今後の開発をタッチパネル画面へ移行する上で、ver2.5に追加されたタッチパネル画面対応を、ver3.0としてリリース※ver2.5とver3.0は、同一プログラム

バージョンアップ内容(ver2.5 RevisionUp)2009-03

バージョンアップ内容(ver2.5 RevisionUp)
BCPOS本体 ver2.5に、設定切換でタッチパネル画面対応ユーザーインターフェース機能を追加

バージョンアップ内容(ver2.5)2008-06

バージョンアップ内容(ver2.5)
システム全体 ・WindowsVista&7に対応
(※BCPOS ver2.5へバージョンアップされているお客様においては、現状のままでWindows7の動作確認ができております。2009/10/22)
・顧客住所を60バイトから80バイトへ拡張
BCPOS本体 全般 ・販売保留機能追加 [要設定]
・顧客カルテ機能追加 [要設定]
・セット販売機能追加 [要設定]
・商品券機能追加 [要設定]"
・小さいフォントでのラベル印刷対応(大きいフォントは不可)
・顧客購買履歴呼び出し追加
小 計 ・万券ボタン追加
・クレジット、リボ、内金、値引欄に合計金額より多い金額を入力して実行した場合はメッセージを出すように変更
レシート印字

・プログラムに設定メニュー追加 ( 伝票No印刷設定 / 発行枚数設定)

ユーティリティ 在庫一括変更 ・価格設定日指定追加
販売
オプション
売上一覧 ・在庫表示のチェック追加
バーコード印刷 ・設定に顧客コード範囲指定桁数を追加し6桁・10桁を選択できるように追加
年代別性別
売上一覧

・日付範囲を指定しその間に販売した顧客の年代別、性別で売上金額を閲覧可能

顧客
オプション
DMラベル発行 ・DM区分のチェック追加

バージョンアップ内容(ver2.1)2005-06

バージョンアップ内容(ver2.1)
システム全体 ・顧客情報保護法対応
BCPOS本体 レシート印字 ・プログラムに設定メニュー追加
  内税消費税印字
  レシート顧客名を印字しない設定
  プライスカードに定価印字設定
  全明細返品時、タイトルを返品とする設定
  サービス特価時の差額表示の設定
  金変時の差額、割引%の表示設定
  各タイトル(販売・仕入・売掛・買取・領収書)の任意印字設定  
ヘルプ ・お客様ショップページ(マイページ)へのリンク追加
一般管理 顧客マスタ ・顧客情報保護法対応
ジャーナル点検 ・ジャーナル点検にJANコードを出力できるように設定追加(販売レシートもJAN)[要設定]
・ジャーナル点検の顧客コード選択時にリターンキーを押さないと表示が出てこない現象を修正
・時刻範囲の設定で通常日付更新時刻(0:00~12:00)に設定されているが、任意の開始時刻を保存できるボタンを追加
・時刻範囲の設定で任意の終了時刻を保存できるように改善
顧客リスト ・顧客情報保護法対応
日 報 ・プログラムに設定メニュー追加
  内税税抜表示の設定
  返品時、客数を減らす設定
  売掛入金時、現金のみ収支に反映させる設定
データ
随時処理
顧客テキスト切出・合併 ・顧客情報保護法対応
・フォーマット種別追加
他社データ変換 ・PCA商魂・商管8シリーズに対応
ユーティリティ 顧客ユーティリティメニュー ・顧客データ一括削除
・顧客パスワード設定
商品ユーティリティメニュー ・商品データ一括削除
・商品移行
・在庫金額更新
販売
オプション
売上売価評価一覧 ・売掛データを反映させるように変更
・商品コード範囲選択の画面で商品コードが13桁入力になっていたものを12桁に修正
移動データ店舗別一覧 ・日付を指定し移動出入をした商品を店舗別に閲覧できるプログラム
担当者別売上一覧 ・粗利計算に税抜きの処理を追加
商品別売上一覧 ・顧客情報保護法対応
顧客
オプション
顧客稼動一覧 ・顧客情報保護法対応
・抽出条件を変更。
売掛金未収一覧 売掛の未収金がある顧客を抽出するプログラム
得意先別売上一覧 ・顧客情報保護法対応
在庫
オプション
棚卸一覧 ・設定ボタンを追加
<内容>
商品データ、棚卸データ両方に存在するデータのみ対称にする・しないのチェック
商品データの在庫が0で棚卸データに存在しない商品を一致する・しないのチェック
・テキスト出力追加
・仕入先コードを指定できるように修正
・仕入先コードのソート順を追加
部門集計一覧 ・無在庫表示に「在庫0以上」という項目を追加
棚卸手入力 ・プログラム起動時にDBの追加と削除(新規)の選択をするように変更
ツール バーコードシート ・業種別バーコードシート追加

バージョンアップ内容(ver2.0)2004-03

バージョンアップ内容(ver2.0)
システム全体 ・総額表示対応
・新雑誌コード対応
・分割伝票・複写伝票の廃止
BCPOS本体 小 計 小計画面の金額調整に9桁以上入力した場合にメッセージを出すように変更
レシート印字 住所印字ずれ、きれを修正
業種メニュー 一般管理 総額、仕入、入出金、移動出入、買取に対応
メンテナンス BCPOS2アップデート ・インターネット環境がある場合、プログラムアップデートのページにリンク
ユーティリティ 新規プログラム 税込価格作成追加
・税込価格手入力追加
販売
オプション
バーコード印刷 OSが2000・XPのときプレビューでるように修正
・アイコンの小さいフォントに対応
・Code39のバーコード印字廃止
・顧客ラベルのバーコードサイズを若干小さく調整
・顧客バーコードの印刷枚数指定ができない不具合修正
ツール 商品一括削除 部門範囲だけではなく連番範囲、枝番範囲の指定、登録日・発売日、価格設定日指定での削除。それらで抽出した中で、在庫・稼動がない商品を抽出して削除できるツール
商品移行 現在の商品コードを任意の商品コードへ移行できるツール

バージョンアップ内容(ver1.9)2002-02

バージョンアップ内容(ver1.9)
システム全体 USBロックスター対応
・月次更新日指定
・月次・年次更新処理
・スリッププリンタ対応
・顧客情報詳細追加項目(販売数前年同月・販売金額前年同月・前年数・前年金額)
・部門売りの部門略称不一致時のインストア検索
・書籍販売時、書籍分類コードLOGサブジャンル書き出し
BCPOS本体 全 般 ・顧客別部門掛率:顧客ごと5個の部門に個別の掛率を持つ
・出金フォーム改造:出金種別、「経費支払、現金仕入、銀行入金」
・入金フォーム改造:入金種別、「現金、手形、振込、その他」追加
・日報売掛入金区分項目分離「現金、手形、振込、その他」
小 計・小計画面のバーコード処理追加
売掛処理 ・売掛DBの作成
・売掛入金種別の区分作成(現金・手形・振込・その他)
・売掛残金以外の金額を預かりとして処理
・クレジットカード売掛処理・する・しない選択
・過剰売掛入金受付(売掛入金時マイナス入力の可)
レシート印字 ・住所を表示する、しないの設定追加
・売掛時、レシートの発行をする、しないの設定を作る
・単品値引き、割引のレシート表示
・小計四捨五入、切上げ時の印字取り消し
一般管理 顧客マスタ ・顧客名を20バイトから40バイトへ拡大
・顧客属性フォーム追加
(販売形態、請求〆日、回収種別、回収日、部門掛率)
日 報 ・日報データ、プロパー/バーゲン項目書出し
・日報、顧客販売形態書出し(一元、会員、店頭、卸等)
・前日日報の残金引継ぎ
基本設定 販売画面 ・掛率変更 /80の基準価格(販売価格・定価)の選択
・F6値引、F7チケット、SF2入金、SF9サービスボタンの表示・非表示
・消費税変更禁止 マウスで消費税の変更可・不可
・顧客コード入力時、売掛金額を表示・非表示
・金額変更時、マスタ金額変更させる・させない設定追加
メンテナンス ・テーブルヘッダー修復
ユーティリティ ・ハンディー金額入力単価・合計金額設定追加
・PCA商魂・商管2000plus対応
各オプション 販売
オプション
・担当者別売上
在庫
オプション
・棚卸チェックリスト
・棚卸手入力
顧客
オプション
・得意先情報問合せ
・月次営業報告書(SRIのみ)
新規追加DB ・クレジット・・出金メモ・・入金メモ・・売掛

バージョンアップ内容(ver1.8)2001-03

バージョンアップ内容(ver1.8)
システム全体 仕入処理仕様追加対応
委託処理追加
 問合せ、預り一覧、清算、返却、処分
 委託商品リスト
 ジャーナル点検委託対応
 委託に伴う日報の修正
 業者委託機能

<不具合修正>
・OPOSバージョンアップによる障害対応
 ( エプソン製以外のドロアを使用すると、3秒ほど処理が止まってしまう為)
・カスタマディスプレイ デモ表示がされなくなる不具合を修正
 (合計金額が表示されている時にも、デモ表示をするように変更)
・未収金入金時に、日報上に入金扱いで正しく書きこまれていない不具合を修正
BCPOS本体 全 般 委託管理テーブルItaku.DB追加
ブランドテーブルBurando.DB
アイテムItem.DB
カラーColor.DB
素材Sozai.DB
柄Gara.DB

BCPOPSのロゴをマスク選択追加
天気情報拡張対応
商品あいまい検索追加
顧客稼動実績を伝票単位でカウント設定追加
セールス売価1,2セールス仕入1,2対応
中間日締め処理追加
固有ポイントを%で使用する設定追加
仕入時外部プリンタバーコード発行
仕入、買取時消費税 対応
バーコード発行プリンタ 部門別切替対応
仕入処理時、仕入先強制指定 設定追加
タグシール 社内用フォーマット対応
BCPOS本体、委託受付、委託販売、
委託受付バーコード発行
仕入時バーコード印刷枚数指定追加
開始
メニュー
F8データ随時処理→「F5 PCA商魂・商管テキスト」追加
F9メンテナンス→「F3データベース」→「F3データ整合性チェック」
→「商品整合性」・「顧客整合性」追加
ハンディーDB/PC取込、テスコ追加
小 計 まるめ修正 まるめにて補正された金額をレシートに表示
まるめにて修正された金額を、領収書に反映
日報上にまるめ調整表示
買 取 買取時、商品にJANがなくても、新規に簡易商品登録できるボタンを作成
買取、仕入時の導入日変更
買取予約 対応
買取時の割増、割引、値引
一般管理 得意先別売上一覧・テスコハンディーメニュー追加・在庫一覧、テキスト吐き出しPCAコンバート追加
各オプション レンタル複数割引設定時、異なる設定Noを本数としてカウントする設定で、正常に本数カウントされない不具合を修正)
業種メニューランチャー追加(未返ボタンをなくし関連メニューを集結)
メンテナンス 月次更新時のバックアップ先フォルダー任意指定
各オプション レンタル複数割引設定時、異なる設定Noを本数としてカウントする設定で、正常に本数カウントされない不具合を修正)
業種メニューランチャー追加(未返ボタンをなくし関連メニューを集結)

バージョンアップ内容(ver1.7)2000-09

バージョンアップ内容(ver1.7)
システム全体 エプソンOPOS ver1.50からver1.92に変更(対応周辺機器の増加)
データーベースエンジン BDE ver.4からver.5に変更
BCPOS本体 全 般 NON-PLU対応
NON-PLUバーコード発行
書籍、雑誌バーコードの読み取り強化
仕入先テーブル追加
小計画面追加 割増・値引・割引・クレジット会社別 売掛・内金・デビット
入 金 内金の残金入金対応
移動出、移動入仕様追加 仕入金額を変更する、しない設定 追加
一般管理 ジャーナル明細 詳細対応
ハンディメニュー追加 ハンディデータテキスト取込み alf.com
ハンディーテキスト反映 Ginclude.exe
商品登録 商品かな検索追加
データ
随時処理
GCSV固定長対応
メンテナンス データベースユーティリティ各種追加 データ整合性チェック
不整合データ修正削除
Lockファイル削除
データリストア
ユーティリティ 商品データベース フラグ変更(合併・ポイント・在庫)
税種別変更
単価代入
在庫金額仮代入
在庫数一括変更(ゼロも可)
部門変更 部門一括削除
顧客データベース 顧客店番変更プログラム追
各オプション 販売
オプション
NON-PLUバーコード発行追加
年報追加
メーカ、仕入先、サブジャンル別売上一覧追加
在庫
オプション
発注点切れリスト追加

バージョンアップ内容(ver1.6)1999-10

バージョンアップ内容(ver1.6)
BCPOS
販売管理メニュー
・複数単価設定追加 ・顧客10桁対応 ・過去の日付変更時刻対応
・開始画面終了時、バックアップメニュー起動 ・変更箇所、基本設定追加
レンタル
オプション
・レンタル未収金対応 ・日報未収金対応 ・レンタル売上一覧追加 ・複数割引のフロー修正
・返却伝票発行する、しない追加 ・個別稼動プログラムカーソルフォーカス修正
棚卸
オプション
・棚卸と棚卸集計表のプログラム分離
顧客
オプション
・顧客ベスト追加 ・地区ベスト追加
その他 ・ショップコード変換ツール作成 ・データバックアッププログラム過去対応

Copyright(c) 2014 BUSICOM All Rights Reserved. http://www.busicom.co.jp/