BCPOS 店舗運営効率化クラウド連動型POSシステム

電話番号 03-5229-5190
  • お問い合わせ
  • 資料請求

基本機能

基本機能

販売機能

レジ画面では様々な情報の表示と各種ファンクションボタンから必要な機能を呼び出せます。販売管理はリアルタイムなので、売上状況の把握がいつでもできる機能を持っています。

BCPOSはタッチパネル仕様なので、タッチパネルPCやモニターをご利用いただくことで販売画面をタッチすることで操作が可能です。
また、マウスやパソコン用のJISキーボード、レジスター同様のPOSキーボードの使用もできるため、誰でも使いやすいシステムとしてご利用いただけます。

レジ機能

  • スキャナを使った商品読み込み
  • 電子ジャーナルに対応
  • レジ締処理が不要
  • 各種値引・割引処理対応
  • チケット/商品券の精算
  • ポイントの使用が可能
  • プリセットキーによる操作性の向上
  • タッチパネル対応
  • バンドル処理
  • NON-PLUに対応
  • 雑誌コードの読み取り可能
  • 返品処理
  • 部門売り・部門値引
  • 領収書の発行
  • 収入印紙の印字設定
  • 免税販売機能
  • 販売保留機能
  • 疑似売掛処理可能
  • クレジット/デビットによる精算処理
  • カスタマディスプレイにメッセージ表示
  • レシートにコマーシャル情報を表示
  • トレーニングモードでの練習
  • 商品券の現金処理
  • POSキーボード対応
  • 万券対応
  • セット販売
  • ポイントのレシート表示  など
  • データ処理機能

    • 商品マスタデータのテキスト取込、切出し
    • 在庫データのテキスト取込
    • 売上げデータ(LOG)のデータ切出し
    • 顧客マスタデータのテキスト取込、切出し
    • データバックアップ機能
      (同パソコン内及び外付けHDドライブ)

    商品管理

    BCPOSでは、商品の単品管理を詳細におこなえます。

    商品稼動実績

    商品の稼動実績がレジ画面ですぐに見られます。バーコードを読込まなくても、レジ画面から商品の検索が可能で、呼び出した商品の過去12ヶ月・過去4週間の仕入・販売・在庫の推移が確認できます。

    商品登録

    バーコードは、JANコード以外にも、お店独自のインストアキー・ISBN(国際標準図書番号)・NON-PLUバーコードも登録が可能です。
    また、重複したバーコードの登録が可能なので、同一コードで数種類の商品管理が可能です。(バーコード読込時に、重複商品を販売画面に表示。)POS入替時などの大量の商品登録は、エクセル・CSVデータのデータインポートが可能です。
    また、販売画面で、バーコードを読み取った時に、商品がPOSにJANの登録がない場合、その場で簡易登録ができます。

    その他機能

    • 税別金額、税込金額の登録が可能
    • 200部門(大・中・小)までの部門管理
    • インストアキーに対応
    • 商品ごとにメモ(付箋)の貼付
    • 10万件の商品マスタ登録が可能
    • 複数単価の設定
    • 様々な検索機能を搭載
    • バーコード発行
    • 重複JANコードの登録が可能
    • セールス価格の設定が可能
    • 購買時に単品ごとの販売数・金額・在庫数をリアル更新

    在庫管理

    すべての処理をリアルタイムで処理することにより、今までのPOSではありえなかった販売画面への在庫表示が可能になりました。

    在庫評価(仕入・在庫・利益)

    在庫管理の方法は、移動平均法、標準原価の2種類の在庫管理方法を標準で持っています。
    販売画面でJANを読ませれば画面下に仕入総金額、販売総金額、粗利、移動平均等が画面ですぐに見られます。

    他店舗在庫リアル

    クラウド本部管理システム「TenpoVisor」をご利用で「他店舗在庫リアルオプション」をお申込みの方はBCPOSのレジ画面上から、他店に今ある在庫数を見られます。

    TenpoVisorの他店舗在庫リアルオプションはこちら

      

    ハンディーターミナルを使った棚卸

    BCPOS連動、『HD-POS』で棚卸の作業効率・時間短縮が可能です。
    在庫の棚卸・仕入処理・入出庫作業等、読み取った商品情報はハンディターミナルBCPOSにスムーズにインポートできます。

    ハンディターミナル型POSの詳細はこちら

    BCPOSユーザー限定 ハンディターミナルレンタル

    「BCPOS」をご利用頂いているお客様専用に、ハンディターミナルをレンタルいたします。

    レンタル1台につき5000円から ハンディターミナルfor RENTAL
    プラン 内容
    Aプラン 当月26日~翌月5日 ※5日までにご返却ください
    Bプラン 当月6日~25日 ※25日までにご返却ください
    • ※延泊、1日につき¥500(税別)
      (単位:ハンディターミナル/1台・置き台(クレードル)/1台)
    • ※レンタル期間は予告なく変更する場合がございます。

    顧客管理

    BCPOSは顧客カルテ機能やポイント管理等、設定によりさまざまな顧客管理が可能です。
    顧客管理を行うためには、会員カード(ポイントカード)を発行する必要がございます。(会員カードを使用しなくても、POS画面で顧客検索(名前・TEL番号等)は行えますが煩雑になります。)また、会員カードと併用でおさいふケータイを使った顧客管理も可能です。

    購買履歴の表示

    お客さまの過去販売履歴は、一人のお客様に60件または設定により120件まで記録しています。
    会員証を読ませた状態でレジ画面からSF8過去キーを押すと、下記の画面が表示されます。

    顧客管理画面

    顧客を呼び出した状態で、レジ画面のF11キーを押すと顧客詳細画面が表示され、お客さまの過去12ヶ月販売金額や平均単価等の動向が表示されます。

    POSレジ顧客管理画面顧客の登録は、通常の住所、名前等の表示のほかにDM、電子メール、携帯メールなどに抽出できるようになっています。
    すべての項目は顧客稼動一覧にて抽出項目に設定できますので、必要な情報を細かく指定できます。

    顧客カルテ機能

    お店の運用に合わせた自由な質疑応答(設問)の設定が可能です。

    • レジ担当者と施術(記録等)の担当者分け機能。
    • 簡易質問はテキスト入力不要のプルダウン式選択、回答のテキスト保存にも対応。
    • 親コードの適用により、顧客のグループ分け機能の追加。
    • カルテ情報を取り込んだDMの作成が可能。

    登録用の顧客情報・回答が空欄のカルテ印刷、回答済みのカルテ印刷が可能です。顧客情報は会員番号だけの表示も可能です。

    その他機能

  • 顧客にメモ(付箋)の貼付
  • 顧客検索機能を搭載
  • 10万件の顧客登録が可能
  • 顧客ランクの設定(5段階)
  • 顧客の購買履歴の参照
  • 会員証を読ませると売掛金表示
  • セキュリティー機能として顧客情報管理ツールにパスワード設定ができます。

    ポイント管理

    お店にあったデザインで、会員カード(ポイントカード)を作成してください。作成する際には、裏面に連番のバーコードが印字されている必要がございます。
    弊社にご依頼頂ければ会員カードの作成も承ります。

    ポイント設定画面

    お客様のランクに応じた付加ポイント発行が可能です。特別なお客様には、ランクに応じて通常のポイント付加率にプラスしてポイントを発行することができます。
    ポイントを次回「値引き」によって消化するのか、達成基準を設けて「キャッシュバック」により還元するのか、「サービス券」を発行するのかが選べます。
    各商品毎にポイントを付加「する」、「しない」を設定することが可能です。
    1ポイントをいくらで設定するかが選べます。
    値引き方式時、1ポイント1円だけでなく、1ポイントを1円、10円、100円等の設定が可能です。

    ポイント共有

    クラウド本部管理システム「TenpoVisor」をご利用で「ポイント共有オプション」をお申込みでチェーン店内のどこの店舗でもポイントをご利用いただけて同じ会員証でポイントの使用・加算が可能になります。

    TenpoVisorのポイント共有オプションはこちら

    ①会員カードをバーコドリーダーで読み取ります。

    会員・ポイントカードはお店のスタイルに合わせて自由にデザインが可能です。会員番号に合わせたバーコードが必要になります。

    ②販売画面に会員情報と左側にポイントが表示されます。

    ここで、お客様にポイントを使用するかどうかお伺いします。「ポイントはお使いになりますか?貯めますか?」

    ③ポイントを使用する場合は、販売画面の小計画面で使用するポイント数を入力します。

    貯める場合には、入力は不要です。

    使用可能ポイントと、今回の加算ポイントが表示されます。

    ④お客様はレシートに印字されたポイント情報でポイントの確認ができます。

    お客様が会員(ポイント)カードを忘れた場合でも、販売画面から名前・住所・電話番号等で会員検索ができますので、ポイントの加算減算が可能です。また会員カードをなくされた場合でも、新しいカードへポイント移行することもできます。

    免税品販売

    「免税店(輸出物品販売場)」の許可を受けているお店では、免税対応の機能を使って販売がおこなえます。

    免税対応小計画面

    外国人旅行者などの非居住者が、1人1日1店舗あたり免税対象物品(消耗品合計金額5,001円以上、一般物品合計金額10,001円以上)を購入のとき、旅券番号(パスポートNo.)入力を行う事で、消費税分を免税額として合計金額より減額します。
    レシートや日報に免税額を表記し、電子ジャーナルに旅券番号(パスポートNo.)を登録します。

    免税対応機能

    ●消耗品・一般物品のそれぞれの合計金額で「免税ボタン」を表示し、免税対象額の見落としを未然に防ぐ。
    ●お客様のパスポートをパスポートリーダーで読み込むことで、パスポート情報を自動入力。
    ●日報や電子ジャーナルに旅券番号を登録。
    ●免税書類作成システム「あっと免税」と連動させることで、面倒な書類作成や印字までをワンストップ。

    【注意】 本機能はBCPOSの標準機能ですが、「輸出物品販売場(免税店)」の許可を受けてからご利用ください。
    輸出物品販売場の許可は、事業者の納税地を所轄する税務署長に、事業者が経営する販売場ごとに許可を受けなければなりません。(詳細は所轄の税務署にお尋ねください)

    免税書類作成システム「あっと免税」

    1台のPOSで免税書類作成システム「あっと免税」と「BCPOS」を連動させることにより、精算時にパスポートのデータを読み取り、「購入記録票」の作成を自動で行い、店舗側と購入者の負担を軽減し、免税手続きを最大限短縮できるようになります。

    ●免税書類作成システム「あっと免税」単体としても利用できます。
    BCPOSで販売し、レジと離れた場所で書類を作成することができます。
    専用サイトにてお申し込みいただけます。

    免税販売書類作成システム
    Windows推奨端末 ・HP ElitePad Windows8.1 Pro
    ・Lenovo YOGA Tablet 2-10 Windows8.1
    他、ノートパソコン・デスクトップパソコン等
    対応OS Windows 7 / 8 / 8.1/ 10
    Android推奨端末 ・NEXUS7(2013) Android4.4.4
    ・Lenovo YOGA TABLET 10 HD+ Android4.4.2
    ・Lenovo YOGA TABLET 8 Android4.4.2
    ・HUAWEI MadiaPad m1 8.0 Android4.2
    ・LifeTouchL Android4.1.1
    対応OS Android OS 4.4 / 5.0

    販売保留

    今までの販売保留機能に(通常販売に、お客様が商品を追加するなどしてレジを離れた時に、一旦レジの処理を保留して、別のお客様のレジ業務を行った後で、保留にしていたレジ処理を再度呼出して、レジ処理を行う)予約販売が出来るようになりました。

    予約販売 (予約金有り)

    お客様から予約金の一部をお預かりし予約伝票(販売保留レシート)を発行。
    後日、お客様来店時に「予約(販売)レシート」の下段バーコードを読み取り差額分を受け取ります。

    お客様へお渡しする「予約レシート」は標準では「保留」になりますが、「予約販売」等、任意の名称に変更が可能です。

    オプション・連携・連動

    クラウド型本部管理オプション

    複数店舗や管理本部でクラウドを活用し情報をリアルタイムに共有!
    サーバが不要で1店舗のみのお店でも手軽に導入可能!

    • BCPOSで販売した売上情報、在庫情報、顧客情報がTenpoVisorに収集・集計されて、ブラウザでいつでもどこで確認ができます。
    • チェーン店では、多店舗のPOSデータを一元で管理することで、店舗ごとの売上が随時アップデートされるため、日報送信の手間がなくなり本部での集計の手間がなく必要な時に必要な情報を確認できます。また、本部だけではなく店舗でも全店の売上情報や在庫情報を把握することができます。
    • 商品マスタ登録を本部で行えば、各店舗のPOSシステムに反映されるので、店舗での商品マスタ登録の手間がなくなり、チェーン店として統一した商品名・価格での販売ができます。
    • 店長日誌やグループウェアを使ってお店の情報を共有することで、今まで店舗⇒本部の一方通行だった情報が店舗⇒店舗にもなることで、販売に有益な情報を得ることができます。
    TenpoVisor

    各種帳票オプション

    基本システムと組み合わせて使う事で、更にPOSシステムを便利にご利用頂ける各種帳票オプションをご用意しております。お店の運用に合わせて、ご利用下さい。

    販売管理オプション

    • 商品稼動一覧
    • 商品売上一覧
    • 商品ベスト表示
    • 商品移動データ店舗別一覧
    • 商品一覧直接入力(JAN/価格等)
    • 売上売価評価一覧
    • 項目別売上一覧
    • 年代・性別集計一覧
    • 月報/年報の表示
    • サブジャンル/仕入先/メーカー別売上
    • 曜日・時間別売上の帳票/グラフ表示
    • 担当者別売上
    • バーコード印刷(ラベルシート印刷)

    在庫管理オプション

    • 在庫一覧表
    • 項目別商品在庫一覧
    • 部門集計一覧
    • 発注点切れリスト
    • 棚卸一覧(差異リスト)
    • 棚卸手入力
    • 棚卸チェックリスト
    • ハンディーDB取り込み

    顧客管理オプション

    • 顧客稼動一覧
    • 顧客稼動ベスト
    • 顧客地区ベスト
    • 得意先別売上一覧
    • 売掛・未集金一覧
    • ポイント照会一覧
    • ポイント残高一覧
    • DM発行機能(ラベル・テキスト等)
    • カルテ用DM

    LANオプション

    BCPOSを同一店舗内で使用する場合には、サーバ&クライアント型となりますので、業務終了後にデータを統合する必要がございません。リアルタイムで親機(サーバ)にデータを読込み、書込みを行っているので、BCPOSを単体で使用した場合と同様に、常時レジ締めは完了しています。

    親機に基本システム+増設台数分のLANオプション数+希望のオプションを選択して頂き、下記表を参考にオプション数からプランが出ます。
    上記の図を参考にすると、同一店舗内でPOSレジを3台接続して使用する場合は、親機+増設2台なので、LANオプション×2、基本システム+販売管理オプションなので、合計オプション数が3になり、トリプルプランが適用されます。

    プラン 内容 料金
    BCPOSベーシック プラン 基本システム ¥5,000/月額1台
    BCPOSスタンダード プラン 基本システム+下記オプション1つ ¥10,000/月額1台
    BCPOSダブル プラン 基本システム+下記オプション2つ ¥13,500/月額1台
    BCPOSトリプル プラン 基本システム+下記オプション3つ ¥16,000/月額1台
    BCPOS追加オプション BCPOSトリプルプランのオプション数3つを超えて、
    オプションを追加する場合に、1オプションにつき
    上記 + ¥4,000/月額1台
    オプション名 内容
    在庫管理オプション 在庫管理関連の帳票出力
    販売管理オプション 販売管理関連の帳票出力
    顧客管理オプション 顧客管理関連の帳票出力及びDM発送等
    LANオプション 店舗内POSの増設
    リサイクルオプション リサイクルショップ・委託販売業向けPOSシステム

    販売管理ソフト連携

    BCPOSと販売管理ソフトを連動させる事で、入力業務の軽減・商品マスタ連携・実在庫の管理等が行え、業務コストの削減や、売掛管理や外商業務との連携、納品書・請求書・注文書の作成が可能となり更に高度な店舗管理を実現します。

    ※上記はイメージになります、業種業態により業務フローが変わります。

    販売管理ソフト連動を詳しく見る

    マルチカード決済ソリューション

    お客様ニーズの高い電子マネー決済を導入することで、小銭の取扱に時間がかかる小額決済をかんたんにし、販売チャンスを逃しません。BCPOSでいつものようにお会計、決済端末へ金額が自動入力されるので二度打ちする手間がありません。

    システムについて

    株式会社ビジコムが提供するマルチカード決済ソリューションは、JR東日本メカトロニクス株式会社の「J-Mups」端末とパソコンPOSシステム「BCPOS」の接続サービスです。

    「J-Mups」端末から送る決済データの処理は、三菱UFJニコス株式会社とJR東日本メカトロニクス株式会社が運営する「J-Mups」決済センターにて行います。
    「J-Mups」決済データセンターと電子マネーセンター、各クレジット会社センター、銀聯カードにて決済処理を行います。

    ※マルチカード決済連動をおこなうためには、BCPOSソフトが最新版であることが必要です。

    マルチ決済システムは顧客ニーズに応えます。

    クレジットカード、電子マネー、デビットカードのマルチ決済を1端末で契約!
    電子マネー決済をかんたん導入!

    電子マネー

    Kitaca、PASMO、Suica、manaca、TOICA、ICOCA、はやかけん、nimoca、SUGOCA、iD、QUICPay、Nanaco、Waonにも対応

    クレジットカード

    Visa、MasterCard®、JCB、Diners、AmericanExpress®、QUICPay、J-Debitに対応。

    高速スピード決済でお待たせしません!セキュリティも安心!

    LAN回線で決済センター接続するため、処理速度が断然早いことが特長です。
    また、世界的基準の「PCI DSS」に準拠した決済センターを利用し、端末にカード情報を残さないのでセキュリティ面も安心です。

    • ※クレジットカード(Visa、MasterCard®)、銀聯、電子マネー、J-Debitのお取扱は別途三菱UFJニコスとの加盟店契約が必要です。
    • ※クレジットカード(JCB、Diners、AmericanExpress®)QUICPayのお取扱を希望される場合は株式会社ジェーシービーの加盟契約が必要です。

    従来の決済サービスとの違い

    1台の端末で電子マネー・クレジットカード決済ができる上、高い安全性と高速処理を低価格で実現しています。

    共通
      マルチ決済システム 現行決済システム
    決済ニーズ対応 拡張性が高い 拡張性が低い
    セキュリティ 対策コストが低い
    端末内にデータを残さないので万が一の時も安心
    対策コストが高い
    対策費が端末価格に上乗せされる
    端末先
      マルチ決済システム 現行決済システム
    端末価格(※) 従来型の1/3~1/4 20万円~30万円
    通信費 通信コスト削減可能
    インターネット環境があればそのまま利用
    アナログ: 約2,500円/月 + 通話料
    ISDN: 約3,500円/月 + 通話料
    クレジット処理スピード 1~2秒 ブロードバンド回線 20秒程度
    アナログ、ISDN回線等
    POS先
      マルチ決済システム 現行決済システム
    システムコスト 低い
    決済サーバ構築不要
    セキュリティ強化費用削減
    高い
    決済サーバ構築必要
    セキュリティ強化に伴うシステムコスト増

    ※カード決済+電子マネー対応端末の場合

    ご利用開始までの流れ

    お申込頂いてから必要な端末をお届けいたします。
    ※既存のインターネット回線を活用し、簡単な設定でご利用が開始できます。

    POS連動対応をおこなう場合の利用開始スケジュールは、別途お打合せが必要です。
    ※加盟店契約、他カード会社様との接続にかかる期間は除く

    • ADSL: ○
    • 光回線: ○
    • CATV: ○
    • 専用回線: △
    • IDSN: ×
    • 電話回線: ×

    ご利用について

    端末構成

    端末の組み合わせはご利用になる各種決済の種類により異なります。

      クレジット+電子マネー クレジット 電子マネー
    J-Mups決済端末各種
    初期設定費用(BCPOS接続)
    • POS連動用として、接続ケーブル、連動用OCXを提供
    • BCPOS⇔「J-Mups」接続用プログラムを提供
    初期費用(センター接続設定)
    • 電子マネー利用時に必要となります。
    保守費用(オプション)
    • 保守費用には保守員がお伺いする初回設置を含みます。お客様が設置を行った際は、1年間のハードウェアを保証いたします。
    • 1年保証、4年保証、5年保証の3種類をご用意しております。
    • ケースにより宅配業者がお伺いして正常稼働品と不良品を取り換えるセンドバック方式とさせていただきます。
    月額費用(センター利用料金)

    ご利用を希望されるサービスに応じ、月額費用が発生いたします。

    1. 電子マネー: 各種電子マネー
    2. クレジットカード: クレジットカード、銀聯カード
    3. デビットカード: デビットカード

    ※別途ご利用件数による利用料率がかかってきます。

    ご利用料金等詳細については、別途お問い合わせください。

    お問い合わせ

    端末機スペック

    本体端末
    外形寸法(W×D×H) 129×167×164mm ※ゴム足は含まず
    質量 約1.1kg
    ディスプレイ 5.6インチ タッチパネル付LCD
    消費電力 20W以下 ※AC100コンセント
    電源条件 AC100V、50/60Hz
    リーダライタ
    外形寸法(W×D×H) 90×150×33mm ※突起部含まず
    質量 約0.2kg
    消費電力 2.5W以下 (本体からのUSB接続で動作)
    ケーブル長 1.2m
    PINパッド
    外形寸法(W×D×H) 86×132×85mm ※カバーの高さ含む
    質量 約0.3kg
    消費電力 2.5W以下 (本体から供給)
    ケーブル長 2.0m

    本部管理システム「TenpoVisor」(オプション)

    ビジコムの提供するクラウド型本部管理システム「TenpoVisor」を併用することで、電子マネー・クレジット決済を含む売上集計から、在庫、ポイント、商品マスタなど一括して管理することができます。

    「TenpoVisor」は、インターネットを介してお客様にシステムをご提供するクラウドサービスで、ソフトウェアはデータセンター内のサーバーにインストールされており、お客様はパソコンとインターネットを利用できる環境を準備していただくだけです。(サーバ使用料、保守・管理費用、データ集計料込みで、月額¥5.000-/1店舗)

    これまでの本部管理システムのように、本部サーバー等の設備導入費、システム構築費、メンテナンス費、それに係る人件費などの膨大な経費は必要ありません。

    インターネットを経由して自動で各店のPOS情報を収集。クレジットカード決済の全店舗データを即座にレポートし、本部で多角的に集計・管理できます。各店のPOSデータはパソコン等のブラウザからいつでもどこでも確認でき、本部への報告業務を軽減できます。

    キャッシュフロー管理

    各店舗・全店舗、期間指定でクレジットの利用額が見えるので、クレジット会社からの入金が、いつ・いくら入るのかがわかります。

    TenpoVisorの導入効果
    • 各店舗の売上げ集計作業軽減による業務効率化
    • 各店舗の売れ筋商品情報を全店舗で共有
    • 詳細な条件から各種売上の分析
    • 本部で商品マスタを登録し各店舗へ一斉配信
    • 全店舗共通のポイントカードの発行(オプション)
    • ※J-Mupsは、JR東日本メカトロニクス株式会社と三菱UFJニコス株式会社の登録商標です。
    • ※「Kitaca」は、北海道旅客鉄道株式会社の登録商標です。
    • ※「PASMO」は、株式会社パスモの登録商標です。
    • ※「Suica」は、東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。
    • ※「manaca(マナカ)」は、株式会社名古屋交通開発機構及び株式会社エムアイシーの登録商標です。
    • ※「TOICA」は、東海旅客鉄道株式会社の登録商標です。
    • ※「ICOCA」は、西日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。
    • ※「はやかけん」は、福岡市交通局の登録商標です。
    • ※「nimoca」は、西日本鉄道株式会社の登録商標です。
    • ※「SUGOCA」は、九州旅客鉄道株式会社の登録商標です。
    • ※「iD」ロゴは、株式会社NTTドコモの 登録商標です。
    • ※「QUICPay」は、株式会社ジェーシービーの登録商標です。
    まずはお気軽にご相談ください。無料の資料請求も受け付けております。