1-バージョンアップ申込み前にご確認ください

バージョンアップ申込み前に、下記「チュートリアル」を行って頂き、周辺機器等が動作するか確認してください。(経年によりメーカー保守対象外の機器等は、動作しない・・等の確認が可能です)
確認後、下段「2-バージョンアップ方法」へお進みください。
BCPOSのバージョンアップ方法は、お客様の環境によって異なります。

下図の様に、チュートリアルで、現在のBCPOSのバージョンから、選択していく過程で、環境毎の注意点や、バージョンアップ方法、申込み方法を確認できます。
※ご希望のバージョンにする上で、周辺機器の未対応やロックスターの交換等、希望通りにするうえでアドバイスさせて頂きますので、別途ご相談ください。

2-バージョンアップ方法

① BCPOSバージョンアップの申込

WEBやFAX申込用紙で、バージョンアップの依頼を行います。
※必ず、お申込みの前に下記「注意点をチュートリアルで確認後バージョンアップのお申込み」で注意点を確認の上、お申し込みください。
※買取のお客様・作業依頼・周辺機器の購入等で、お見積の作成がある場合は、注文書を承ってからのお申込み受付完了となります。
バージョンアップの内容は「バージョンアップ情報ページ」を参照してください。

② バージョンアップ用BCPOSパスワードの発行

【WEBからバージョンアップの場合】
お申込みから1~3営業日で、弊社よりバージョンアップ用「BCPOSパスワード」を発行させて頂きます。
※ ショップページの更新は1~3営業日で完了します(お急ぎの場合お問合せください 03-5229-5190)
【CD-ROMでバージョンアップの場合】
お申込みから1~3営業日で、弊社よりバージョンアップ用「BCPOSパスワード」  と、BCPOSの最新バージョンCD-ROMを発行させて頂きます。(郵送書類となりますので、郵送期間をご考慮ください)

③ BCPOSのバックアップ

BCPOSのバージョンアップを行う直前に、必ず「バックアップ」を行ってください。 開始メニュー > 「F9 メンテナンス」 > 「F2 バックアップ」で、全データのバックを実行してください。
※ パソコン入替えのお客様は、外部記憶装置(USBメモリ等)に「バックアップ」を保存してください。

④ BCPOSのインストール

【WEBからバージョンアップの場合】
インターネットネット環境のあるお客様はお申込み受付が完了している場合、ショップページ内の左メニュー「バージョンアップ」をクリックして頂いて、お申込みのバージョンを「ダウンロード」してください。
インストールマニュアルを参照の上、インストールしてください。 ※インストールの最中に、環境によって「古いOPOS」をアンインストールしてくださいと促されますが、無視して問題ありません。
【CD-ROMでバージョンアップの場合】
郵送された「BCPOSバージョンアップ用CD-ROM」を、CD/DVDドライブへ挿入してインストールを実行してください。
※ 上記Linkから、インストールマニュアルを参照の上、インストールしてください。
※インストールの最中に、環境によって「古いOPOS」をアンインストールしてくださいと、促されますが無視して問題ありません。
【 注意事項 】

※パソコンを入れ換えていないお客様は、⑤ 「パスワードの更新」へ進んでください。

パソコンを入れ換えたお客様
※ロックスターの無い「アクティベーション」のお客様は、アクティベーションの設定が必要です
※周辺機器のドライバーをインストールする必要がございます。(弊社までお問合せください)

また、外部記憶装置(USBメモリ等)に保存した「BCPOSバックアップデータ」の復旧を行う必要がございます。 その際に、USB接続タイプ周辺機器のポート設定や、BCPOSバックアップ先のディレクトリ設定が必要になる場合がございます。

環境が整いましたら次項、⑤「パスワードの更新」を「パスワード設定」に読替えて設定してください。

「ロックスターをご使用の場合、下記設定⑤が必要となります」

※アクティベーションで、パソコンの入替えが無い場合は、設定不要です
Windows10_8.1_8_7使用上の注意点
※注意事項※ Windows10_8.1_8_7でBCPOSを使用する場合、BCPOS起動セキュリティ「ロックスター(USBメモリ)」は、製造メーカーが最新のWindowsOSに対応していない為、2006年3月以前に導入されたお客様は、新規に「BCPOSロックスター」をご購入して頂く必要がございます。

※このタイプのBCPOSロックスターは使用できません。※

交換費用:5,000円/1台

ロックスター
※継続して使用できるロックスター番号
・BCW 007500~ ※2006年3月28日以降の導入
・BCY 009200~ ※2008年7月7日以降の導入

⑤ 「BCPOSバージョンアップパスワードの更新設定」

パスワードの更新を行わないと、ver5以上ではトレーニングモードとなりますのでご注意ください。
※BCPOSのバージョンに関わらず、「レジ画面」を開いてください。
⑤ - 1 「認証設定」を開きます(更新PWの入力画面)
レジ画面テンキー右横の「 H 」 をクリックして開いた「管理画面内」の「ヘルプ」 > 「認証設定」をクリックします。
⑤ - 2「パスワードの入力」
開いた「期限パスワードの設定」内に、②で発行された「BCPOSパスワード」を入力して「F10 実行」をクリックして終了です。

ロックスターを使用していない「アクティベーション」のお客様は、パスワードの更新は不要です

以上が、BCPOSバージョンアップの流れとなります

バージョンアップ費用について

バージョンアップ費用は、契約形態とCD-ROMを希望するかで異なります。
費用をご確認の上、バージョンアップにお申込みください。
対象 配布方法 台数 料金
レンタルのお客様 WEBダウンロード 制限無し 無料
CD-ROMを郵送 制限無し ¥ 2,000-/枚
買取のお客様 CD-ROMを郵送
(WEBダウンロード可)
1店舗、1台使用時 ¥ 36,000-/枚
1店舗2台以上使用時プラス + ¥ 12,000-/枚

Copyright(c) 2016 BUSICOM All Rights Reserved. http://www.busicom.co.jp/